煮付け

スポンサーリンク
ブリ

2つのコツで美味しさ長持ち!ブリ大根

大型天然ブリの大きな頭を使うと、大量のブリ大根が出来上がります。数日かけて食べきる中で、臭くなったり煮詰まって濃くなったりしたら辛いですよね。大量のブリ大根を最後まで美味しく食べるための2つのコツを紹介します。
ブリ

大きくて立派だけど…?ブリの内臓の煮付け

大きなブリの、これまた大きな内臓をまるごと煮付けにしてみました。ブリの内臓の煮付けのちょっと変わった味わいと、大型魚の内臓を美味しく食べるコツを紹介します。
ハガツオ

湯引くか湯引かぬか、それが問題だ。ハガツオの頭のマース煮

ハガツオのアラで沖縄の伝統的な魚の煮付け「マース煮」を作ります。「アラの煮付け」と来れば反射的に湯引きしそうになりますが、その湯引き…必要ないかも?ハガツオの頭のマース煮の簡単な作り方と、湯引く/湯引かないの見極めポイントを紹介します。
ニザダイ

ニザダイ(サンノジ)の臭みを活かす美味しい食べ方3選!中華風洗い・水煮魚・簡易燻製

臭い磯魚として有名な「ニザダイ(サンノジ)」ですが、実は身質・脂乗り・旨味は抜群。刺身で臭くても諦めないで!臭みさえ対処すれば最高に美味しく食べられます。ニザダイの臭みを活かした3つの絶品料理の作り方を紹介します。
アイゴ

毒と臭みの裏には未知なる味の悦び…!アイゴの煮付け

磯臭い魚の代表格「アイゴ」。サバく前も臭いけど、煮付けにするともっと臭い。それなのに何故か病みつきになってしまう不思議な美味しさ、体験してみませんか?アイゴの煮付けの簡単な作り方と非日常感溢れる味わいを紹介します。
スポンサーリンク