じれったい味わい。クエの刺身

         クエの刺身
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハタの王様「クエ」は鍋ものをはじめとする加熱料理が評判ですが、生のままの味も気になりますよね。

クエの刺身のじれったい味わいを紹介します。

スポンサーリンク

 

・・・・・・・・・

天然クエの「まるサバごはん」、内臓御膳の続きです。

 

悪くなりやすい内臓を早々に食べ終え、今日からいよいよクエの身で「まるサバ」します。

加熱してこそ真価を発揮するという評判のクエですが、滅多にお目にかかれない天然ものに敬意を表してきちんと段取りを踏みたいところ。まずは刺身で食べてみます。

スポンサーリンク

 

クエの刺身

背側の身の一部から刺身を引いていきます。

熟成4日目ですが、きれいな状態で臭みもまったく感じられません。

クエのサク

産卵直後であまり肥えている個体ではないにも関わらず、この写真からも窺えるしっかりとした脂乗り。

これは加熱せずとも濃厚な旨味が味わえるのでは…?期待が高まります!

 

ハタ系のクエには、アカハタの時のように細ネギと紅葉おろし+ポン酢が合いそうです。

クエの刺身

(いつもながら)上手く撮影できていませんが、断面が脂で虹色に輝いてとっても綺麗…

お味はどうでしょうか?いただきます!

 

 

・・・濃厚な旨味が…来そうで来ない!

口に入れてひと噛みすると、かすかな旨味を感じると共に「もっとすごい旨味が来る…!」という予感がするのですが、予感のまま終わりを迎えます

噛んでも噛んでも、旨味がずっと殻の中に閉じこもっていて出てこない…

でも、きっと加熱によって出てくるんじゃないかなという期待を持たせてくれる、そんな味わいです。

焦らされているようでもどかしさもありますが、来るべき大きな旨味のイメージをつまみにお酒を飲むのもまた一興。

この旨味の片鱗が加熱によってどう開花するのか…とっても楽しみです!(次の記事はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*