郷土料理

スポンサーリンク
ハガツオ

知られざる一面が暴かれる…ハガツオの血合い骨のなめろう・アラの潮汁

「血生臭さのない上品なカツオ」というイメージだったハガツオの、知られざる一面が次々と明らかに…ハガツオの血合い骨のなめろうとアラの潮汁の簡単な作り方と、個性溢れる七変化の味わいを紹介します。
ハガツオ

湯引くか湯引かぬか、それが問題だ。ハガツオの頭のマース煮

ハガツオのアラで沖縄の伝統的な魚の煮付け「マース煮」を作ります。「アラの煮付け」と来れば反射的に湯引きしそうになりますが、その湯引き…必要ないかも?ハガツオの頭のマース煮の簡単な作り方と、湯引く/湯引かないの見極めポイントを紹介します。
マナガツオ

魚のアラで江戸の粋を堪能!マナガツオのアラのうつし豆腐

魚のアラの食べ方にマンネリを感じたら、一風変わった江戸料理「うつし豆腐」はいかがですか?アラと豆腐を使ったシンプルな一品ですが、魚の出汁がたっぷり染み込んだ豆腐の滋味深さは感動もの!今回はマナガツオのアラで作りますが、どんな魚でもOK。うつし豆腐の簡単な作り方と、江戸の粋を感じる味わいを紹介します。
アカカマス

さつま揚げじゃないよ。アカカマスの「さつま」

カマスの「さつま」をご存知ですか?さつま揚げ?鹿児島の郷土料理?…いいえ、「冷や汁」に似た大分や愛媛の郷土料理です。普通のカマスの食べ方に飽きたなら、一度試してみませんか?アカカマスの「さつま」の作り方と、魚の個性が濃縮された味わいを紹介します。
ツクシトビウオ

まるで味のカメレオン?トビウオ2種を食べ比べ!ホソトビウオとツクシトビウオのたたき・絶品つみれ汁

トビウオには50もの種がいることをご存知ですか?その中の「ホソトビウオ」と「ツクシトビウオ」を「たたき」で食べ比べてみます。姿かたちは見分けが付かないほどそっくりですが、味の印象はかなり違う!アラ出汁を「つみれ汁」にすれば、さらに違った美味しさに。淡泊なだけかと思いきや色んな表情を見せる「味のカメレオン」トビウオの魅力を紹介します。
アイゴ

磯臭い魚の代表格「アイゴ」を生で食べ比べ!刺身 vs べっこう漬け

毒ビレと磯臭さで敬遠されがちな「アイゴ」。加熱する食べ方が主流ですが、実は生でも美味しい魚です。刺身ではアイゴの個性ある香りをダイレクトに楽しめ、伊豆諸島の郷土料理「べっこう漬け」にすれば洗練された味わいを堪能できます。アイゴの刺身とべっこう漬けの簡単な作り方と、食べ比べた感想を紹介します。
マアジ

これぞマアジの王道フルコース!小アジの刺身・なめろう・なめろうご飯とアラの味噌汁

アジが手に入ったら一度は試していただきたい食べ方の一つ、アジのフルコース。フルコースといってもフライや南蛮漬けなどの手間のかかる料理はない「プチ」コースなのでとっても簡単。三枚おろしにさえしてしまえば、後はほぼ手間なく流れるように三品を作ることができます。マアジのフルコースの簡単な作り方と、ひとサバきで三度美味しい(?)多彩な味わいを紹介します。
スポンサーリンク