スポンサーリンク
ハガツオ

湯引くか湯引かぬか、それが問題だ。ハガツオの頭のマース煮

ハガツオのアラで沖縄の伝統的な魚の煮付け「マース煮」を作ります。「アラの煮付け」と来れば反射的に湯引きしそうになりますが、その湯引き…必要ないかも?ハガツオの頭のマース煮の簡単な作り方と、湯引く/湯引かないの見極めポイントを紹介します。
ハガツオ

本当に『究極の美味』だった…!ハガツオの刺身・炙り刺身

カツオならぬ「ハガツオ」をご存知ですか?漁獲が少なく鮮度落ちが早いため産地以外ではなかなかお目にかかれませんが、あのぼうずコンニャク氏をして「究極の美味」と言わしめた名魚です。ハガツオの刺身と炙りの無限に食べ続けられそうな美味しさを詳述します。また、ワサビ醤油以外のおススメの食べ方も紹介します。
ヒゲソリダイ

剃り切れてないけど味はキレキレ!ヒゲソリダイの刺身・炙り・オーブン焼き

あまり見かけることのないヒゲソリダイですが、見つけたら儲けもの。奇妙な名前と内臓の臭さにそぐわない、高級魚の美味しさを味わえます。その上お手頃価格でお財布にも優しいニクイやつ。ヒゲソリダイの刺身・炙り・オーブン焼きの作り方と、コスパ抜群の美味しさを紹介します。
マナガツオ

魚のアラで江戸の粋を堪能!マナガツオのアラのうつし豆腐

魚のアラの食べ方にマンネリを感じたら、一風変わった江戸料理「うつし豆腐」はいかがですか?アラと豆腐を使ったシンプルな一品ですが、魚の出汁がたっぷり染み込んだ豆腐の滋味深さは感動もの!今回はマナガツオのアラで作りますが、どんな魚でもOK。うつし豆腐の簡単な作り方と、江戸の粋を感じる味わいを紹介します。
マナガツオ

西京焼きに次ぐ新定番!?マナガツオの天ぷら

マナガツオの加熱調理といえば西京焼きですが、新定番として提案したいのが天ぷら。マナガツオの美味しさをバランス良く引き出してくれます。マナガツオの天ぷらの作り方と、個性的かつ高級魚の品格漂う美味しさを紹介します。
マナガツオ

ギリギリの炙り加減を見極めて!マナガツオの炙り刺身

西京焼きなどの加熱調理が有名なマナガツオですが、実は刺身も絶品。皮を引くのが難しいので炙り刺身にすると簡単です。マナガツオの炙り刺身の作り方と、あまり知られていない大切なコツを紹介します。
カサゴ

間違いなく美味しい!だけど…?熟成カサゴと魚介類の本格ブイヤベース・〆のリゾット

熟成カサゴをはじめとする魚介類をふんだんに使って、手間暇かけた本格ブイヤベースを作ってみました。文句なく美味しい豪華絶品料理になるはずが、予想外の展開に!本格ブイヤベースの作り方と、魚好きのあなたならわかるかもしれない?意外な結末を紹介します。
アカハタ

ハタは酒蒸しだけじゃない!1匹まるごと味わい尽くす5品の熟成アカハタ料理

アカハタが1匹手に入ったら、どうやって食べますか?定番の酒蒸しも良いけど刺身も食べたい…迷ってしまいますよね。この記事ではサバき方や食べ方を工夫して、1匹のアカハタを5品もの料理に変身させます。皮やウロコや口の中、さらにはタレに染み出た旨味まで、余すところなく食べられるアカハタ料理の作り方を紹介します。
ホソトビウオ

遅く帰った日の晩酌も楽々!魚の大量消費にも!ホソトビウオの部屋干し干物

たくさんの魚が手に入って食べ方に困ったら、一部を干物に加工するのがオススメです 。庭やベランダや干し網がなくても大丈夫。「部屋干し干物」なら、特別な道具を使うことなく誰でも簡単に家の中で干物を作ることができます。手作り干物を冷凍保存して、忙しい朝や遅くに帰宅した夜に手軽に魚料理を楽しんでみませんか?この記事ではホソトビウオの部屋干し干物の作り方と上手な保存方法・食べ方を紹介します。
アカカマス

さつま揚げじゃないよ。アカカマスの「さつま」

カマスの「さつま」をご存知ですか?さつま揚げ?鹿児島の郷土料理?…いいえ、「冷や汁」に似た大分や愛媛の郷土料理です。普通のカマスの食べ方に飽きたなら、一度試してみませんか?アカカマスの「さつま」の作り方と、魚の個性が濃縮された味わいを紹介します。
スポンサーリンク