スポンサーリンク
カサゴ

間違いなく美味しい!だけど…?熟成カサゴと魚介類の本格ブイヤベース・〆のリゾット

熟成カサゴをはじめとする魚介類をふんだんに使って、手間暇かけた本格ブイヤベースを作ってみました。文句なく美味しい豪華絶品料理になるはずが、予想外の展開に!本格ブイヤベースの作り方と、魚好きのあなたならわかるかもしれない?意外な結末を紹介します。
アカハタ

ハタは酒蒸しだけじゃない!1匹まるごと味わい尽くす5品の熟成アカハタ料理

アカハタが1匹手に入ったら、どうやって食べますか?定番の酒蒸しも良いけど刺身も食べたい…迷ってしまいますよね。この記事ではサバき方や食べ方を工夫して、1匹のアカハタを5品もの料理に変身させます。皮やウロコや口の中、さらにはタレに染み出た旨味まで、余すところなく食べられるアカハタ料理の作り方を紹介します。
ホソトビウオ

遅く帰った日の晩酌も楽々!魚の大量消費にも!ホソトビウオの部屋干し干物

たくさんの魚が手に入って食べ方に困ったら、一部を干物に加工するのがオススメです 。庭やベランダや干し網がなくても大丈夫。「部屋干し干物」なら、特別な道具を使うことなく誰でも簡単に家の中で干物を作ることができます。手作り干物を冷凍保存して、忙しい朝や遅くに帰宅した夜に手軽に魚料理を楽しんでみませんか?この記事ではホソトビウオの部屋干し干物の作り方と上手な保存方法・食べ方を紹介します。
アカカマス

さつま揚げじゃないよ。アカカマスの「さつま」

カマスの「さつま」をご存知ですか?さつま揚げ?鹿児島の郷土料理?…いいえ、「冷や汁」に似た大分や愛媛の郷土料理です。普通のカマスの食べ方に飽きたなら、一度試してみませんか?アカカマスの「さつま」の作り方と、魚の個性が濃縮された味わいを紹介します。
マトウダイ

マトウダイ料理2品食べ比べ!定番「ムニエル」と変化球「中華風刺身」

マトウダイの定番料理といえばフレンチのムニエルですが、さらなる美味しい食べ方を求めて中華も試してみました。果たしてムニエルの美味しさを超えられるのでしょうか?マトウダイのムニエルと中華風刺身の作り方、食べ比べ結果を紹介します。
ニザダイ

ニザダイ(サンノジ)の臭みを活かす美味しい食べ方3選!中華風洗い・水煮魚・簡易燻製

臭い磯魚として有名な「ニザダイ(サンノジ)」ですが、実は身質・脂乗り・旨味は抜群。刺身で臭くても諦めないで!臭みさえ対処すれば最高に美味しく食べられます。ニザダイの臭みを活かした3つの絶品料理の作り方を紹介します。
ツクシトビウオ

まるで味のカメレオン?トビウオ2種を食べ比べ!ホソトビウオとツクシトビウオのたたき・絶品つみれ汁

トビウオには50もの種がいることをご存知ですか?その中の「ホソトビウオ」と「ツクシトビウオ」を「たたき」で食べ比べてみます。姿かたちは見分けが付かないほどそっくりですが、味の印象はかなり違う!アラ出汁を「つみれ汁」にすれば、さらに違った美味しさに。淡泊なだけかと思いきや色んな表情を見せる「味のカメレオン」トビウオの魅力を紹介します。
魚の豆知識

魚の旬とは?旬の魚が美味しいとは限らない?意外と知らない旬の2つの意味を詳しく解説!

魚の「旬」とは何かご存知でしょうか?「魚が一番美味しい時期」というのが一般的なイメージでしょうか。実はこのイメージ、半分正解で半分間違っています。魚の「旬」という言葉は「魚が一番美味しい時期」の他にもう1つの違った時期を指すこともあるからです。この記事では魚の「旬」の2つの意味をわかりやすく解説します。
アイゴ

磯臭い魚の代表格「アイゴ」を生で食べ比べ!刺身 vs べっこう漬け

毒ビレと磯臭さで敬遠されがちな「アイゴ」。加熱する食べ方が主流ですが、実は生でも美味しい魚です。刺身ではアイゴの個性ある香りをダイレクトに楽しめ、伊豆諸島の郷土料理「べっこう漬け」にすれば洗練された味わいを堪能できます。アイゴの刺身とべっこう漬けの簡単な作り方と、食べ比べた感想を紹介します。
ニザダイ

臭い?不味い?とんでもない!まさかの美味しさ「ニザダイ(サンノジ)」の洗い

「ニザダイ(サンノジ)」は強烈な臭さで悪名高い磯魚です。釣りでもよく釣れますが、食べ方に困って持て余した経験がある方も多いのでは?実は、丁寧に処理されたものを「洗い」にすると絶品です。ニザダイの洗いの簡単な作り方とその驚きの美味しさを紹介します。
スポンサーリンク