スポンサーリンク
マトウダイ

マトウダイ料理2品食べ比べ!定番「ムニエル」と変化球「中華風刺身」

マトウダイの定番料理といえばフレンチのムニエルですが、さらなる美味しい食べ方を求めて中華も試してみました。果たしてムニエルの美味しさを超えられるのでしょうか?マトウダイのムニエルと中華風刺身の作り方、食べ比べ結果を紹介します。
ニザダイ

ニザダイ(サンノジ)の臭みを活かす美味しい食べ方3選!中華風洗い・水煮魚・簡易燻製

臭い磯魚として有名な「ニザダイ(サンノジ)」ですが、実は身質・脂乗り・旨味は抜群。刺身で臭くても諦めないで!臭みさえ対処すれば最高に美味しく食べられます。ニザダイの臭みを活かした3つの絶品料理の作り方を紹介します。
ツクシトビウオ

まるで味のカメレオン?トビウオ2種を食べ比べ!ホソトビウオとツクシトビウオのたたき・絶品つみれ汁

トビウオには50もの種がいることをご存知ですか?その中の「ホソトビウオ」と「ツクシトビウオ」を「たたき」で食べ比べてみます。姿かたちは見分けが付かないほどそっくりですが、味の印象はかなり違う!アラ出汁を「つみれ汁」にすれば、さらに違った美味しさに。淡泊なだけかと思いきや色んな表情を見せる「味のカメレオン」トビウオの魅力を紹介します。
魚の豆知識

魚の旬とは?旬の魚が美味しいとは限らない?旬の2つの意味を詳しく解説!

魚の「旬」とは何かご存知でしょうか?「魚が一番美味しい時期」というのが一般的なイメージでしょうか。実はこのイメージ、半分正解で半分間違っています。魚の「旬」という言葉は「魚が一番美味しい時期」の他にもう1つの違った時期を指すこともあるからです。この記事では魚の「旬」の2つの意味をわかりやすく解説します。
アイゴ

磯臭い魚の代表格「アイゴ」を生で食べ比べ!刺身 vs べっこう漬け

毒ビレと磯臭さで敬遠されがちな「アイゴ」。加熱する食べ方が主流ですが、実は生でも美味しい魚です。刺身ではアイゴの個性ある香りをダイレクトに楽しめ、伊豆諸島の郷土料理「べっこう漬け」にすれば洗練された味わいを堪能できます。アイゴの刺身とべっこう漬けの簡単な作り方と、食べ比べた感想を紹介します。
ニザダイ

臭い?不味い?とんでもない!まさかの美味しさ「ニザダイ(サンノジ)」の洗い

「ニザダイ(サンノジ)」は強烈な臭さで悪名高い磯魚です。釣りでもよく釣れますが、食べ方に困って持て余した経験がある方も多いのでは?実は、丁寧に処理されたものを「洗い」にすると絶品です。ニザダイの洗いの簡単な作り方とその驚きの美味しさを紹介します。
アイゴ

毒と臭みの裏には未知なる味の悦び…!アイゴの煮付け

磯臭い魚の代表格「アイゴ」。サバく前も臭いけど、煮付けにするともっと臭い。それなのに何故か病みつきになってしまう不思議な美味しさ、体験してみませんか?アイゴの煮付けの簡単な作り方と非日常感溢れる味わいを紹介します。
魚の下処理

【釣り】一度に手に入った大量の魚を美味しく食べ切るための3ステップ【取り寄せ】

釣りで大漁に恵まれたり各地からお取り寄せをしたりして、大量の魚が一度に手に入ることってありますよね。たくさんの魚を最後まで美味しく食べ切るのはなかなか難しい!最終的に全てごった煮にしたり、冷凍して味を損なってしまったり、最悪の場合は腐らせてしまったり…この記事では大量の魚を最後まで美味しく消費する方法を3ステップに分けて解説します。また、魚を美味しく熟成させる簡単な方法とその注意点も紹介します。
マアジ

これぞマアジの王道フルコース!小アジの刺身・なめろう・なめろうご飯とアラの味噌汁

アジが手に入ったら一度は試していただきたい食べ方の一つ、アジのフルコース。フルコースといってもフライや南蛮漬けなどの手間のかかる料理はない「プチ」コースなのでとっても簡単。三枚おろしにさえしてしまえば、後はほぼ手間なく流れるように三品を作ることができます。マアジのフルコースの簡単な作り方と、ひとサバきで三度美味しい(?)多彩な味わいを紹介します。
マサバ

マサバとスパイスは相性バツグン!マサバのシシケバブ

脂の乗ったマサバを沢山ゲットしました。 少し刺身にして試食してみると…脂というよりむしろ脂肪?肉の脂身を食べているかのようなクドさがあり、生食には向かない感じです。 スパイスを使ったマサバ料理を試してみたいと思っていたし、ちょう...
スポンサーリンク